矯正日記

倦怠期

2014年02月13日


世の中はバレンタインで浮かれているようですが、

わたしはいま、とてもそんな気分になんてなれません。

いままで、つらいこともあったけど

お互い刺激し合って

小さな喜びを見つけながら、ともに過ごしてきたのに・・・

あの日々はどこへ行ってしまったの・・・

 

もうあなたは、わたしがときめいていた頃とはちがう。

変わってしまったのね。

 

 

というか、変わらないのね!!

おい歯並び!!!

 

 

痛い時期を乗り越え、歯が並んでいく喜びを感じ

すっかり慣れて、すてきな矯正ライフを送っていたつもりでした。

 

がしかし。

いま動かしているのは噛み合わせの深さ。

動くのはゆっくりで、見ごたえがない・・・

 

 

はい。飽きました。

 

動いてるんだか動いてないんだかわからないのに

装置がついてるなんてやだよう!

なんなら痛くてもいいから2週間に一回くらいで調整してほしいくらいです。

とはいっても、強い力をかけたり調整のペースを早くしたからと言って

歯の動くスピードが速くなるというわけではありません・・・

 

 

先生にぐじぐじ文句をたれていたわたくし。

たくさんの患者さんを診てきた先生からすると、

わたしと同じように、一度途中で飽きる方は多いそうです。

 

いまは、ゆっくりと動くのを待つしかないと言われたわたし。

この倦怠期から抜け出せるのはいつになるのでしょう。

お別れするなんて考えられないので、もう少し、向き合ってみたいと思います。

 

はやく良好な関係に戻りたいので、みなさんあたたかく見守っていてください(´-ω-`)