治療例

歯列矯正治療例一覧

  • 叢生(歯の凸凹、乱杭歯)


    並びが凸凹の状態で、食べ物が挟まりやすいなどの症状が出てきます。歯磨きがしづらく汚れも多く残り、虫歯や歯周病が起きやすい歯並びです。

  • 空隙歯列


    歯並びに隙間があり、発音に問題が認められることが良くあります。歯が小さい、足りない、舌が大きいなどが原因です。

  • 上顎前突(出っ歯)


    上あごや上の前歯が出ている状態です。これは上あごが大きい、下あごが小さい、上の歯が前に向かって倒れている、等が原因です。 見た目の印象以外にも、口が閉じづらいことにより口の中が乾燥して虫歯や歯周病になりやすくなります。また細菌が体内に入り込みやすくなり、細菌感染にかかりやすくなってしまいます。

  • 下顎前突(反対咬合、受け口)


    下顎や下の歯が前に出ている状態です。これは下あごが大きい、上あごが小さい等が原因です。 前歯で食べ物をかみ切ることができず、消化不良を起こすことがあります。また、見た目に関しても、怒っているような印象を与えることも。

  • 開咬


    奥歯で咬んでも上下の前歯が縦にあいている状態です。前歯で食べ物をかみ切ることができず、消化不良を起こしたり、発音にも問題が生じることがあります。

  • 過蓋咬合


    奥歯で咬んだ際に前歯のかみ合わせが深く、下の歯がほとんど見えない状態です。下の歯で上の前歯の後ろの歯ぐきを傷つけることがあります。見た目にも、笑ったときに上の歯茎が見えてしまう(ガミースマイル)ことも。

その他の治療例はこちら
以上が代表的な不正咬合です。その他にも上下の歯が前に倒れている上下額前突、顎が横にずれて咬んでいる交叉咬合などがあります。詳しくはご相談の際にお話しさせていただきます。