過蓋咬合の治療例

過蓋咬合の治療例

Case 01

中学生の女の子で吹奏楽をしていました。
部活を引退するタイミングに合わせてマルチブラケット装置を装着し、非抜歯で治療を行いました。
2年弱で治療を終了しました。
とてもきれいに並びました。

Case 02

中学生の女の子の、過蓋咬合と上顎前突のケースです。また、上下の前歯に叢生も認められました。
上の前歯を引っ込めるために、上の第一小臼歯を抜歯してマルチブラケット装置で治療しました。
上下の歯の真ん中もぴったりそろい、きれいな歯ならびになりました。
治療期間は1年11か月です。