引っ越した場合、転院はできますか?


 遠方(道内遠隔地や道外)に転居する場合は可能ですが、それ以外の場合、当院では基本的にはお断りをさせてもらっています。
 それは、矯正治療は一人の矯正歯科医あるいは医院ですすめるのが一番効率も治療結果も良い方法だからです。

 なぜなら、同じ不正咬合でゴールとなるかみ合わせの目標が同じであっても、担当医によって治療の方法や装置が異なってくることがあるからです。また、治療中にえられた、患者さん一人一人のご事情やご性格を考慮した上で立てられた治療方針には、引き継ぎでは伝えきれない部分もあるからです。

 

 遠方に転居をする際には、こちらで転居先の矯正専門の先生を紹介させていただきます。必ずしもそちらの医院に通っていただく必要はありませんが、一度そちらの先生とご相談いただければと思います。→転院料の説明はこちら

 また、地域や医院によって治療費が異なるため、転院先で追加の料金が発生する可能性があります。詳細は転院先の先生とご相談ください。
 模型やレントゲン等の資料の複製をつくり転院先の先生にお渡しします。複製をつくる期間が必要になりますので、転居の際にはできるだけ早めにご相談ください。