矯正治療はいつごろ始めればよいのですか?


 一般的には7才前後に専門医での診察が推奨されています。

 しかし、開始時期は歯並びの状況はもちろん、骨格の問題や習癖(指しゃぶりや睡眠時の態勢、舌の癖等)、性別、本人のやる気など、様々な状況をみた上で決定されるため、患者さんによって異なります。

 治療の方法は大きく子どもの矯正治療と大人の矯正治療に分けられます。
 子どもの矯正治療は、上下の顎の大きさのバランスを整えたり、よりよい成長を促すような治療が基本になります。その他永久歯がそろいやすい環境をつくったり、習癖を改善するなど、治療内容は多岐にわたります。
 一方、大人の矯正治療は骨格的な成長は望めないため、現状の骨格や歯並びを計測した上で、もっともしっかりしたかみ合わせをつくっていきます。当院ではできる限り抜かない矯正を目指していますが、必要な場合には抜歯を伴う治療内容を提示させていただきます。→「Q矯正治療で歯を抜くという話を聞きますが、本当ですか?」へ

 ただ、どのような病気に関しても言えることですが、早期発見・早期治療が望まれます。矯正相談が遅くなってしまうと、治療の選択肢が狭まってしまうこともありますので、気になった時点で専門医に矯正相談されることをお勧めします。
 当院では何度でも無料の矯正相談を受け付けております。ご相談に来ていただいた段階で治療開始時期よりも早ければ、次回矯正相談に来ていただくおすすめの時期をお伝えしておりますので参考にしてください。

 また、開始時期の年齢に上限はありません。歯は何歳になっても動かすことが可能です。私自身、60歳代や70歳代の方にも治療を行った経験がございます。ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。