【デンタルニュース】 オーラルケア

2016年01月17日


当院では毎月「デンタルニュース」という小冊子をお配りしています。

今月の内容は「オーラルケア」です。

 

オーラルケアのいろいろ

「オーラルケア」とは、文字通り「oral(口腔)」「care(手入れ)」のことです。

虫歯や歯周病はもちろん、さまざまな疾患の予防につながるので非常に重要です。

 

子供のオーラルケア

いくつになっても健康なお口で毎日を過ごすには、子供のころからの正しいオーラルケアが重要です。

虫歯になる前に定期的に歯科医院で状態をチェックすることで、大人になってからも健康な歯を保つことができます。

 

高齢者のオーラルケア

日本での高齢化が進む中、オーラルケアの重要性が認められてきています。

しかし、歯の老化が進み、虫歯が治りにくくなることから、65歳以上は口腔内の疾患が増加しているといわれています。

セルフケアとプロによる定期的なケアで末永く健康な歯を維持しましょう。

 

災害時のオーラルケア

災害時には普段のような歯みがきがしにくくなります。

口に中の清潔が保たれないと炎症やトラブル、また高齢者は誤嚥性肺炎のリスクが上昇しますので、注意が必要です。

ハンカチなどで歯を拭いたり、非常用持ち出しバックに液体歯みがきを入れておきましょう。

 

健康な身体と歯

免疫力アップ法は?

免疫力を高めるために、食生活など毎日の生活習慣を見直してみましょう。

・からだにいいものをバランスよく食べる

・アルコールをと摂取しすぎない

・サプリメントは必要以上にとらない

・ストレッチ運動などで血行を促進し、老廃物の代謝・排出を心掛ける

 

歯にいいたべもの

口腔免疫力を高める食材として『たんぱく質』『ビタミンなどの抗酸化物質』『亜鉛などのミネラル』の3種を意識したものがお勧めです。

 

最後に

オーラルケアはライフステージによって変化していきます。

幼少期、思春期、成人、マタニティ、高齢者・・・それぞれ歯や歯肉のお手入れ方法は異なります。

丁寧なオーラルケアをすることにより、ほかの疾患の予防にもつながりますので、お口の状態に合わせたオーラルケアができるよう、心掛けましょう。

 

 

その他のデンタルニュースはこちら

 

円山公園駅5番出口から徒歩1分/西18丁目駅や西28丁目駅から徒歩圏

毎日無料矯正相談無料/土日も診療の矯正歯科

裏側矯正・見えない矯正をご希望の際は札幌の円山さくらぎ矯正歯科

院長  桜木 修