札幌市の矯正歯科なら円山さくらぎ矯正歯科
札幌市円山公園駅徒歩1分の矯正歯科医院

    平日12:00〜20:00 土日10:00〜18:00

NEWS

【治療例】 19歳女性。叢生、骨格性下顎前突。

2022年05月20日

当院で歯を動かす治療が終了した方がいましたので、ご紹介させていただきます。

【主訴】上の歯並びの凸凹(前歯がハの字になっている)、口元が出ている

【診断】骨格性下顎前突、叢生(翼状捻転含む)

【年齢および性別】19才/女性

【装置の種類】リンガルブラケット装置・裏側矯正

【ワイヤーの種類(色)】シルバー

【抜歯/非抜歯】抜歯

上の歯並びの叢生(でこぼこ)や、口元の突出感が認められるケースでした。

顎に対して歯が大きく並びきっていない状態だったため、上下顎の両側第一小臼歯を抜歯しました。

リンガル矯正(裏側矯正)で治療を行いました。

治療期間の後半に遠方に引っ越しされましたが、その後も通院を続けていただき無事治療が終わりました。

口元の突出感の改善や叢生などすべてを改善し、咬み合わせも安定しました。

歯を動かしている動的な治療期間は2年2か月(治療回数25回)です。

【治療前】

―――――――――――――――――――――――――――

【治療2年後】

――――――――――――――――――――――――――

※こちらは治療例です。治療結果には個人差があります。

【治療費】

>基本的な治療費について

【治療に伴うリスクについて】

主なものとして、

歯の痛み:治療中は、歯に矯正力がかかることにより歯の痛みが生じます。

むし歯・歯周病:歯の清掃を怠った場合、通常と比べて虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

口内炎:治療の初めの頃、口内炎ができやすくなります。

発音障害:治療初めの頃、装置の装着に伴って喋りにくくなることがあります。

歯根吸収:稀に歯の根が吸収し、短くなることがあります。