【矯正コラム】子供の頃の虫歯と歯並びに関連  ~こどもの日に円山公園や北海道神宮でお花見~

2014年05月07日


先日のこどもの日、当院最寄り駅の隣の西28丁目駅で降りて、円山公園や北海道神宮でお花見をしてきました。

今年は開花もかなり早く、GW中でもしっかりお花見を楽しむことができました。

  

たくさんの人が花見やBBQに来てごった返していました。

時間が早かったんでさすがに酔っぱらいはいませんでした(笑)

 

子供の日ということもあって、神宮ではこいのぼりを見ることができました。

最初は風がほとんどありませんでしたが、参拝中に風が吹いてきて青空の中見事に泳ぎ始めました!

 →→→→

 

ここで、子供の日にちなんだ話を‥‥

実は歯並びには、子どもの頃の虫歯が大きくかかわってきます。

子供の歯に虫歯ができると、歯と歯の間に虫歯ができると奥の歯が前の方に寄って来ます。

結果、大人の歯が生える隙間がなくなって叢生(凸凹)ができてしまうのです。

また、虫歯で子供の歯を抜くと、上下反対側の歯がどんどん生えてきたり、咬み癖がでて顎がゆがむことも。

他にもありますが、子どもの歯に虫歯が多いと大人の歯も虫歯が多くなりやすいので、

歯磨きの習慣づけや仕上げ磨きなど、家庭での親御さんの協力は非常に大事です。

 

当院では歯磨き指導も積極的に行っておりますので、どうぞお気軽に声をおかけください。

その他の矯正コラムはこちら

地下鉄28丁目駅より徒歩13分

土日診療・夜間診療の矯正歯科

裏側矯正(見えない矯正)なら円山さくらぎ矯正歯科へ