治療中、虫歯や歯肉炎が心配です


 矯正治療中、一番大切なことはきちんと歯磨きをすることです。特に取り外しのきかない装置を入れた場合、装置の周辺は汚れがたまりやすくなり、不潔な状態だと虫歯や歯肉炎が起こりやすくなるといっていいでしょう。

 そのため当院では、治療の際に毎回歯のクリーニングをしております。また、ブラッシングのチェックも行っております。歯磨きの仕方は装置の種類や歯並びの状況によって異なるため、磨き残しのある場合は、歯科衛生士から説明させていただきます。
 また、衛生状態のよくない方には、当院で販売している歯ブラシや虫歯予防効果の高いフッ素入りジェル等をお勧めするなどの対応も行っております。

 しかし万が一虫歯ができた場合は、かかりつけの歯科医院あてのお手紙(紹介状)をお渡しします。かかりつけの歯科医院のない方は、こちらで信頼できる先生を紹介いたします。
 これは、矯正治療を矯正専門の医院で受けるのがよいとされているように、虫歯の治療も専門の医院で治療するのがベストだと考えているからです。
 虫歯になると、矯正治療の進行や結果に大きく影響してしまいます。皆様も「自分の歯は自分で守る」という気持ちをもって、口の中の清潔を保つようにしてください。