【歯とお口のお話】 知覚過敏

2013年09月11日


 

当院では毎月、「歯とお口のおはなし」と題した小冊子をお配りしております。

今月は「知覚過敏」です。

CCI20140125_0001

 

むし歯じゃないのに、痛い

知覚過敏とは、虫歯でもないのに熱いものや冷たいものを食べたり、歯磨きをした際に

痛みを感じる症状のことです。

今回の冊子では、その仕組みや原因、セルフチェック表や治療法等について説明しています。

 

矯正治療期間中は歯の神経が過敏になっているからか、時々知覚過敏の症状を訴える方もいらっしゃいます。

当院では、

・高濃度のフッ素を塗布する

・表面をコーティングして刺激をブロックする

・歯科医院専売の知覚過敏用の歯磨き粉をお勧めする

などをおこない様子を見てもらっています。

こちらの冊子は通院されている方、ご相談の方皆様に配っておりますので、どうぞお気軽に声をおかけください。

その他の歯とお口のおはなしはこちら

 

札幌市地下鉄東西線 円山公園駅徒歩1分 土日診療の矯正歯科

痛くない矯正、抜かない矯正を目指して

裏側矯正・見えない矯正なら円山さくらぎ矯正歯科

院長  桜木 修