【矯正コラム】かみ合わせと12才臼歯の生え方に関連

2015年03月11日


先日、上記タイトルのように「12才臼歯(もっとも奥に生える歯、第二大臼歯)の生え方に異常のある大学生は、かみ合わせの異常が多い」という報告がありました。

対象は2000人以上ということで、信頼性の高い報告だと考えられます。

締めの文章では「今後、幼少期にかみ合わせを正常にすることで、適正な時期・場所に歯が生えるようにできることが期待されます。」との事でした。

これは歯科矯正治療の有用性を示すものです。

 

詳細な内容としては、

対象者は18および19才の大学生2205人(この年齢は通常12才臼歯が生えている年齢です)。このうち、

・上下左右のうちいずれかの12才臼歯が生えていない人の率は0.9%

・生える方向ないしは位置に異常がみとめられる人の率は12.4%でした。

また、かみ合わせに異常が見られる人では、そうでない人に比べ上記の2つがおきる可能性が

・男性で3.9倍

・女性で3.2倍

という結果でした。さらに、12才臼歯に異常が認められると、6才臼歯が歯周病になる率も高くなるとの結果が出ています。

詳細はこちらのページをご覧ください。

 

当院では、このような最新情報を常に発信していきたいと考えています。

参考にしていただけると幸いです。

 

その他の矯正コラムはこちら

   
ページTOP